不定期メモってとこかな?


by imagine-creative

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
好奇心のアンテナ
博物館・展示
考える人
Book
映画
喰っちゃる
飲んじゃる
写真
仕事かい?
未分類

以前の記事

2012年 01月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

sudigital af...
デジカメって最高! by...
Tokyo perfec...
scene
のんびり、気ままな写真日記
DEVILWORLD
Sakura's Eye
Y's CELLAR

お気に入り

愛車ルノーのHP
http://www.renault.jp/index.cfm
糸井さんのHP
http://www.1101.com/index0.html
医療ミスでなくなった友人の裁判記録
http://www.geocities.jp/takeno_saiban/
邱永漢さんのHP
http://www.9393.co.jp/youkoso.html

最新のトラックバック

盛岡面白案内
from 盛岡に遊びにおいでよ
貨幣
from 趣味・コレクション激安通販王
音楽は無料ダウンロード♪..
from 自動で音楽(MP3)ファイル..
第81回 国展 絵画・版..
from 美術を愉しむブログ
大腸がん/症状/手術/闘病記
from 大腸がん/症状/手術/闘病記
エラゴン 遺志を継ぐ者
from Yasutaka's GRO..
東京建築
from 東京建築マニアになろう
鼻油
from 花粉症対策は「鼻油」
トラ
from 動物辞典
劇場『エラゴン 遺志を継..
from 映画ダイエット

ライフログ


ザ・ヴォイス~LIVE 2


ゴールデン・ヴォイス


ザ・ヴォイス LIVE


ベスト・オブ・ラッセル・ワトソン


アモーレ・ムジカ


オリジナル・サウンドトラック「スター・トレック エンタープライズ」

検索

タグ

(1)
(1)

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

日本初ロボットミュージアムへ行って来た

10月12日栄三越の北側にオープンした、ロボットミュージアムへ行って来た。
その昔は、ジェトロの輸入車ショールームだった所だ。
一等地なのに来館者が少なく、気楽に輸入車を見ることができ、
栄の中では比較的落ち着いたスペースだった。
今は、ロボット未来デパートメントとうたうように、
ロボットキャラクターの雑貨屋さんという感じ。
f0104037_10213957.jpg

f0104037_10224763.jpg





今回は、となりに併設されたミュージアムへ行った。
入場料がなんと1300円。スペースの割に高いんでないかい?
中で、iPodを使った音声解説を貸してくれる。
普通は300円とか500円するところだが、なんとただである。
この借り賃も含めた入場料金だったら大いに納得だ。
この音声解説は借りないとホントに損である。
中に記録された解説は、ダイジェスト版とゲスト版があり、
ゲスト版は大体3分から4分、ダイジェスト版は1分程度。
内容はゲスト版のほうが数段面白い。
題目が40ちょっとあるので、ゲスト版を使うとたっぷり2時間楽しめる。

●自分でステージの人を認識して絵を描く工業用ロボット
f0104037_10234348.jpg


●導入部分の写真コラージュトンネル
f0104037_10244982.jpg


●立体実物年表
f0104037_1025431.jpg

展示自体はロボットの歴史と現在になっており、実物も含めた立体年表と
コレクションの展示が時間軸に添ってだから、重複する感じがある。
最後のスペースは、現在のロボットと戯れることのできる所だ。
その後に下へ降りると、さっき戯れたロボットが売っているのだ。
やっぱり商売がうまいね。お土産に買っちゃいそうである。

●未来のイブ
f0104037_10271070.jpg


●コレクションの展示(一部)
f0104037_10281337.jpg


●超有名ロビーザロボット
f0104037_1029412.jpg

日本のロボット開発が、介護や平和利用、防災などに対して、
アメリカはもっぱら軍事目的に開発されている。
人間に筋力の働きを倍加するロボットスーツは、
日本は介護用だし、アメリカは軍用。
無人自動車のようなサファリラリー車も開発されているが、
軍事の匂いが抜けない。
要は道具というのは使う人次第である。
同じ刃物をドスに使うのかメスとして使うのかだけのこと。
こういうところにも現平和憲法が効いているのだろうなぁと思う。
アイザックアシモフの唱えたロボット憲章を
アメリカさんはどう考えているのだろうかね。

ロボットミュジアムはこちら
http://www.robot-museum.net/index.php
[PR]
by imagine-creative | 2006-11-06 18:23 | 博物館・展示