不定期メモってとこかな?


by imagine-creative

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
好奇心のアンテナ
博物館・展示
考える人
Book
映画
喰っちゃる
飲んじゃる
写真
仕事かい?
未分類

以前の記事

2012年 01月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

sudigital af...
デジカメって最高! by...
Tokyo perfec...
scene
のんびり、気ままな写真日記
DEVILWORLD
Sakura's Eye
Y's CELLAR

お気に入り

愛車ルノーのHP
http://www.renault.jp/index.cfm
糸井さんのHP
http://www.1101.com/index0.html
医療ミスでなくなった友人の裁判記録
http://www.geocities.jp/takeno_saiban/
邱永漢さんのHP
http://www.9393.co.jp/youkoso.html

最新のトラックバック

盛岡面白案内
from 盛岡に遊びにおいでよ
貨幣
from 趣味・コレクション激安通販王
音楽は無料ダウンロード♪..
from 自動で音楽(MP3)ファイル..
第81回 国展 絵画・版..
from 美術を愉しむブログ
大腸がん/症状/手術/闘病記
from 大腸がん/症状/手術/闘病記
エラゴン 遺志を継ぐ者
from Yasutaka's GRO..
東京建築
from 東京建築マニアになろう
鼻油
from 花粉症対策は「鼻油」
トラ
from 動物辞典
劇場『エラゴン 遺志を継..
from 映画ダイエット

ライフログ


ザ・ヴォイス~LIVE 2


ゴールデン・ヴォイス


ザ・ヴォイス LIVE


ベスト・オブ・ラッセル・ワトソン


アモーレ・ムジカ


オリジナル・サウンドトラック「スター・トレック エンタープライズ」

検索

タグ

(1)
(1)

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ボストン美術館探訪

26日の休館日に、ボストン美術館へ行って来ました。
この日は朝日新聞アスパラクラブの招待日で
休館日にもかかわらず開けてくださったのです。
でも美術館側の読みがはずれて、入場予定時刻を過ぎ
会場入り口で40分くらい待たされました。
それだけ、前の組の方々が興味を持ってご覧になり時間をかけたのでしょう。

今開催されているのは、
「ボストン美術館所蔵 肉筆浮世絵展 江戸の誘惑」と題されています。
今月17日から8月の27日まで開催されています。
題にもあるように見慣れた浮世絵は版画ですが、
今回の浮世絵は、この世に一点しかない肉筆浮世絵なのです。
アメリカのボストン美術館には約700点あまり肉筆浮世絵があるとの事ですが
その中の選りすぐり約80点を一度に見る事ができます。

浮世絵は江戸の人々の文化を垣間見る事ができるものです。
けっこう鮮やかに色も綺麗に残っているし、着物の柄などしゃれています。
また、生活に根ざした様々なものに絵を描いていて、
浮世絵師は、今でいう、グラフィックデザイナーや
ファッションデザイナーだなと思います。

北斎の手による提灯絵は、貼ってあった紙を丁寧に剥がし
長期間にわたり保存されていたものを再度立体的に復元したものです。
平面ではなく球体に描かれた北斎の筆遣いが感じられるものです。
その他の浮世絵では、零点何ミリの細い線で描かれた髪のはえ際の
精緻な筆遣いや力強く流れる筆に圧倒されます。

ただ江戸の頃の人々が常識として持っていた、
そのころの文化や教養、情報がないと
浮世絵の深い意味(皮肉ったりとか、掛けていたりとか、しゃれていたりとか)はわからないのです。
また、私の勉強不足が露呈してしまいました。
[PR]
by imagine-creative | 2006-06-28 17:54 | 博物館・展示

ラッセルワトソン聞くにはこのスピーカー!

数年前に通販で購入した、加藤晴之さんのスピーカー。
これがとても気持ちよく毎日聞いています。
特にボーカルや木管楽器・弦楽器がホントに艶っぽく、柔らかく、とても美しいのです。
その最大の理由としてこのスピーカーボックスが、
なんと紙(MDF)でできているからです。
スピーカーユニットはフランスのオーダックス社製で、
生産中止になったモノを、あえてこの音色を出すのに再生産してもらった
こだわりの逸品です。
味の話は食べなきゃわからない、音の話は聞かなきゃわかりません。

残念ながらこの商品は、現在カタログハウスにて販売しておりません。
[PR]
by imagine-creative | 2006-06-13 22:25 | 好奇心のアンテナ

知り合いの個展

残念ながら、もう既に終了してしまいましたが
知り合いの方の個展が、銀座の和光で開催されました。
学生の頃に教わった、いわば恩師です。
色絵付けの陶器は、斬新で、おおらかで、遊び心もあり、
心豊かにしてくれる作風です。
人柄って作風に出るんですよね。
それこそ学生の頃からファンです。
今回はちょっと渋めの色も使われています。
いいよー。
f0104037_1501046.jpg

[PR]
by imagine-creative | 2006-06-12 15:02 | 博物館・展示